Top >  会長ブログ >  鎌倉彫りで「花台」を、作りました。

鎌倉彫りで「花台」を、作りました。

IMG_7981-1.JPG東條一邦さんが、南アルプス市の市役所を定年退職してから、一週間の内、能面教室と鎌倉彫り教室の二つの教室に通い始めて一年、数か月が立ちました。今回は、とっても難しい花台に挑戦して見ましたが、すでに完了しました。正月までに間に合わせたいと言っていましたが、仕上がって良かったですね。
12月8日 撮影 東條初恵

 <  前の記事 デブ女の、ウォーキング、、日誌 47日目  |  トップページ  |  次の記事 デブ女の、ウォーキング、、日誌 48日目  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.siranepake.co.jp/MT/mt-tb.cgi/4599

コメント (8)

Anonymous:

yoko
足の曲がりも見事です、とても素人とは思えません。
ホトトギスも嬉しくて思わず鳴いたと思いますが?

giken:

兎に角器用なんですね、その器用さを会社の力になるよう応援してもらったら如何勿体ないですよ。

giken:

二伸
いま段ボールも箱だけの時代でありません、多様化して家具、什器、家庭用品など沢山利用されています、いいアイディアを考えてみたら。

seiko:

すごいすごい、私は今年はとうとう花台は作品にはなりませんでした。東條様の旦那様の後をついていかなけねばなりませんね。今度ぜひ花台を見させてください。来年は、一つ役が終わるのでこころを新たに頑張ろうと思います。と旦那さまにもお伝えください。12月9日seiko

Anonymous:

yokoさま
ホトトギスに伝えておきますよ。9日、東條初恵

Anonymous:

gikenさま
自分のやれる事ばかりで、はたして、応用が聞きますかどうか、応用は、にが手の様ですよ。9日 東條初恵

Anonymous:

seikoさま
何をおっしゃる誠子さん、誠子さんの方が、先に始めた先生じゃあないですかね。9日 東條初恵

よっしー:

この床と壁、黄色い美しいお花に似合う花台。まず家の改築からはじまりです、家の場合は。すてきな花台ですね、こんなに公表されたら、どろぼうさんにも知られてしまいますぅ。

コメントを投稿