Top >  会長ブログ >  松本市立、歴史博物館、、、4 ~工女宿、宝来屋です

松本市立、歴史博物館、、、4 ~工女宿、宝来屋です

IMG_5023-1.JPG4日、甲府信金経営者の会、第3ブロックの研修に、松本市立歴史博物館を研修しました。写真は、糸を紡ぐ工女達が、宿まった宿、「宝来屋」です。この小さな場所に、ギシギシと雑魚寝で80人宿まったそうです、160キロ離れた野麦峠を自分の足で歩いて、8才~20才迄の少女が、朝4時15分から夜遅くまで、14時間、休みなしで働いたそうです。「宝来屋」の様子です。
10月4日 撮影 東條初恵

 <  前の記事 松本市立、歴史博物館、、、3 ~旧、松本少年刑務所です  |  トップページ  |  次の記事 「工女達」が、糸取をしていた、中の様子です、、5、  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.siranepake.co.jp/MT/mt-tb.cgi/4252

コメント (6)

Anonymous:

yoko
高山から野麦峠を越えたことがあります。
車でも必死の運転をしなければならないほどのくねくね道でした。
少女たちが歩いた道はものすごく険しかったことが印象に残っています。

よっしー:

諏訪の片倉館では、女工たちが立って入った風呂があり、本当に想像を絶することです。女性の地位向上や人権保障は、現代の運動とくらべものにならないくらいのレベルからの、出発だったのですね。

seiko:

よっしーさんが言っている、片倉会館の立って入るお風呂に入ったことがありますが、深さが130cmくらいから150cmくらいありますよ。底にこぶし半分くらいの丸くなった石が敷き詰めてあり歩くと程よい刺激がありきもちがよかったです。そんな歴史があることも知らずに気持ちいいねといっていられる時代に生まれてよかったです。10月5日seiko

Anonymous:

YOKOさま
私は、野麦峠には、行った事がありませんが、一度は、行ってみたいです。5日 東條初恵

Anonymous:

よっしーさま
よっしー、「地位向上」何て言葉を、この時代に欲しかったですね。誰もが考えもつかなかったんでしょうね。5日 東條初恵

Anonymous:

seikoさま
知らないって事は、怖い事ですよね。女性の人権は、戦後でしたが、今から25年前くらいでも、女性の力は、発揮できませんでしたよ。つい、ここ最近ですよ。日 東條初恵

コメントを投稿