Top >  会長ブログ >  次郎さんを囲んで「県民の声を国会へ」 2 ~内藤誠子さん

次郎さんを囲んで「県民の声を国会へ」 2 ~内藤誠子さん

IMG_6865-2.JPG12日、夜7時から、開催された、「小野郎さんを囲んで、県民の声を国会へ」の学習会で、今回は、バイオマス発電が山梨県では、思う様に進んでいない事を知り、内籐誠子さん(写真)は、手を上げて勇気ある質問です。自然再生エネルギーが進まない、なんて黙ってはいられません。日本でも、県によって受け入れる県と、受け入れられない県があるなんて、不公平です。決められた事をダダ、やるだけでなくて、良い事は、どんな目的で、何をやればいいのか、上から目線で物事を見ないで、県の担当者は、もっと深く考えて欲しいと言う、発言をしました。
11月13日 撮影 東條初恵

 <  前の記事 次郎さんを囲んで「県民の声を国会へ」 1 ~小野次郎さん  |  トップページ  |  次の記事 次郎さんを囲んで「県民の声を国会へ」 3 ~古屋清人さん  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.siranepake.co.jp/MT/mt-tb.cgi/4462

コメント (5)

よっしー:

誠子様の勇気ある発言の姿を手にとるように理解できます。
県によって違いがあるのですね。またいろいろお教えください。

Anonymous:

yoko
内籐さんの意見に大賛成です、上からの目線で見てはだめ!この一言と思います。

Anonymous:

よっしー様
誠子さんは、正義感があるから、良い発言をしましたよ。14日 東條初恵

Anonymous:

YOKO様
会場の皆さまも、誠子さんの意見に賛成の人が、ほとんどだったと思いますよ。14日 東條初恵

seiko:

東條様、この会に参加してたくさんのことを学んでいます。考え方や理解にまだ余裕がなく、先輩や専門の方の前ではポイントがずれているのではないか、ドキドキしながら発言しています。11月14日seiko

コメントを投稿