Top >  会長ブログ >  もくれんの涙、、、7 ~全ての母と子に捧げる~

もくれんの涙、、、7 ~全ての母と子に捧げる~

IMG_0112-2.JPG目連のお母さんが、「餓鬼の世界」に、いたので目連は、悲嘆に暮れ、この世に戻って来ました。そして、お釈迦様に、すべてを話し、なぜ、母が「餓鬼の世界に」生まれ、苦しんでいるのかを、訪ねました。、、、お釈迦さまは、すべてをお見通しでした。  「よいか、目連よ。よく聞きなさい。おまえの母は、お前を育てるために、他の人に優しくしてあげる事が出来なかった。、、、他の子供をないがしろにし、自分の子供ばかりを可愛がった。、ある日、「お前の家に物乞いが」訪ねてきたところ、「我が子目連の」食べるものが、なくなると言って、ひとかけらの食べ物も、「一滴の飲み物さえ」与える事をしなかった。、、「我が子の事だけを思い」、「他の人の事を顧みない」親の心が、「餓鬼の世界へ」と、お前の母を導いたのだ」>>>>つづく 
10月13日 撮影 東條初恵 「足立洋史作」

 <  前の記事 アンポ柿、、、~小家族用の箱に挑戦~  |  トップページ  |  次の記事 もくれんの涙、、、8    ~全ての母と子に捧げる~  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.siranepake.co.jp/MT/mt-tb.cgi/2574

コメント (2)

Anonymous:

yoko
他の人の事を顧みないで自分本位では、餓鬼の世界へ落ちるという教訓ですね。

Anonymous:

YOKOさま
自分ひとりでは、生きていけませんよね。13日 東條初恵

コメントを投稿