Top >  会長ブログ >  もくれんの涙、、、6    ~全ての母と子に捧げる~

もくれんの涙、、、6    ~全ての母と子に捧げる~

IMG_0110-2.JPG目連は、はじめは信じられず、何が起こっているのか良くわかりませんでした。「なぜ、お母さんが、このような世界にいるのか」とにかく、目連が信者から、お布施でもらった食べ物を、お母さんに与えようとすると、お母さんは、食べ物を差し出すのが、わが子、目連であることにも、気がつきもしないで、その手から奪い取り、口に入れようとしますが、そのとたん、食べ物は炎となって消え去ってしまいます。「餓鬼と化した」お母さんは、もう食べ物はないかと、目連にすがりついてきます、「お母さん、私です。あなたの息子、目連です。」目連は、必死になって話しかけますが、その声は、お母さんの耳には届きません。>>>>>つづく  
10月5日 撮影 東條初恵 〔足立洋史作〕

 <  前の記事 「大きな松茸を」いただきました、、、。  |  トップページ  |  次の記事 沢山のキノコです、、。  ~庭の松の下に、、~  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.siranepake.co.jp/MT/mt-tb.cgi/2537

コメント (2)

Anonymous:

yoko
なんとも胸の痛むお話です、その前にどうして餓鬼の世界へ送られたのか、人間世界で何があったのか知りたいですね。

Anonymous:

YOKOさま
生きてる時は、とかく感じませんが、人への思いやり、施しでしょうか。自分の事ばかりを考えていて、人の事はかまわない人でしょうね。6日 東條初恵

コメントを投稿