Top >  会長ブログ >  唱歌と、童謡について、、3 ~海沼実さんの、お話~

唱歌と、童謡について、、3 ~海沼実さんの、お話~

IMG_1105-1.JPG8日、午後2時から、ソプラノ歌手、土屋朱帆さんの「歌い継ぎたい日本の歌」の合間に、「音羽ゆりかご会・三代目、海沼実さん」が、唱歌と、童謡の違いについてお話をしてくださいました。唱歌は、日本人らしさが身に付く、道徳的の教育、童謡は、話し言葉で気軽に歌えて、言葉が短いので、子供ごころに非常にわかりやすく、気軽に口づさむ事が出来ると、お話をしていただいている写真です。
5月8日 撮影 東條初恵

 <  前の記事 歌い継ぎたい日本の歌、2 ~ソプラノ歌手・土屋朱帆さん  |  トップページ  |  次の記事 土屋朱帆さんと、音羽ゆりかご会と一緒に、、、  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.siranepake.co.jp/MT/mt-tb.cgi/3548

コメント (2)

Anonymous:

yoko
唱歌は、道徳的な教育とは初めてです。明治時代の考えでしょうか。

Anonymous:

YOKOさま
唱歌と、童謡の違いをはじめて知りました。10日 東條初恵

コメントを投稿