Top >  会長ブログ >  木彫りについて、、、内藤誠子さんの説明です、、、。

木彫りについて、、、内藤誠子さんの説明です、、、。

IMG_8924-1.JPG28日、ホームパーティ終了後に、内藤誠子さんが、テーブルの上に於いてある木彫りについて、萌木の村の、舩木上次社長と、浅川医院の浅川院長先生に説明をしている所です。テーブルの上の作品は、東條一邦さんの作品です。
12月29日 撮影 東條初恵

 <  前の記事 ホームパーティです、4 ~ジット、石坂正人社長を囲んで、  |  トップページ  |  次の記事 鎌倉彫りの、「お盆」です、、 ~東條一邦さんの作品~  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.siranepake.co.jp/MT/mt-tb.cgi/4699

コメント (4)

seiko:

舟木様と浅川様が旦那様の手がけていらっしゃる木彫りや能面、彫りについて話されています。「旦那様は幽玄の世界にはいっておられるから、置いてかれないようにしないとね」と驚いていらっしゃいました。政治、経済、芸術で終わりました。12月29日seiko

よっしー:

未知の世界の話は、本当に興味があります。「幽玄の世界に入っておられるから置いていかれないように」とはどのようなことを指していらっしゃるのか興味があります。木彫りに囲まれた暮らしなんて、夢のまた夢(すっばらしいー)精神性も高くなられることでしょう。

Anonymous:

seiko様
舩木さんや、浅川院長先生のお話には、魅力がありましたよね。31日 東條初恵

Anonymous:

よっしー様
幽玄の世界とは、浅川院長が言っていました。逆に、私が置いていきますよ。31日 東條初恵

コメントを投稿