Top >  会長ブログ >  「坂東玉三郎」、特別舞踊公演、2 ~日生劇場10月公演

「坂東玉三郎」、特別舞踊公演、2 ~日生劇場10月公演

IMG_5338-1.JPG11日、午後2時より、日生劇場の坂東玉三郎さんの、舞踊「楊貴妃」 の感動が、まだ冷めないうちに、楯看板をバックに、sokoneyaジュエリーの社長、東條亜紀子さんと二人で、写真を撮っていただきました。「玄宗皇帝と楊貴妃」は、七夕の夜に、交わした睦言は、天にありて比翼の鳥とならん「目と羽根が一つずつしかない、2羽一緒でないと飛べない鳥、」「仲良くないと飛べない鳥」、地に在りて連理の枝「夫婦中睦まじい事のたとえ」、「男女の深いちぎりの事」とならん、と、約束し、やがて「楊貴妃」は、方士と出会った証拠にと、皇帝との、想い出のカンザシを方士に渡し、蓬莱のかなたに去って行ってしまいました。
10月12日 「撮影は、日生劇場の女性です」 東條初恵

 <  前の記事 「坂東玉三郎」、特別舞踊公演、1 ~日生劇場10月公演  |  トップページ  |  次の記事 「楊貴妃のカンザシ」と、~同じ物を求めてみました。~  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.siranepake.co.jp/MT/mt-tb.cgi/4290

コメント (6)

Anonymous:

yoko
物語が素敵です。”仲良くないと飛べない鳥”夫婦のありかたが良い言葉です。

Anonymous:

YOKOさま
思わず、舞台の上で言葉を発している言葉を、メモってしまいました。12日 東條初恵

seiko:

素敵な言葉ですね。この年になり胸の熱くなることも少なくなりましたが、こんな思いでお互いを思いやり生活できたらどんなにすばらしいでしょうか。「東京砂漠」という前川清の歌がありましたが、合理的や忙しいに身を置き、心もゆとりがなくなってしまったみたいです。人生後半は文化や芸術にふれこころも豊かでいたいと思います。10月12日seiko

よっしー:

ちょうど三様の写真の間にすっぽりとお二人が入られて、まるで一緒に演じたスターのよう。等身大の看板も素敵ですね。

Anonymous:

seikoさま
こんなに素晴らしい言葉があるのでしょうか、人を信ずる事の素晴らしさに感動しました。13日 東條初恵

Anonymous:

よっしーさま
ことわざとか、昔のたとえに、生きていく上で、知らない事ばかりです。一つひとつに出会って教えられます。13日 東條初恵

コメントを投稿