Top >  会長ブログ >  「梨の歴史」について、、~四国、高松市からの、お便り。

「梨の歴史」について、、~四国、高松市からの、お便り。

IMG_4306-1.JPG8日、四国の香川県高松市の住友由加里さんから、「梨の歴史」についての、お便りがありました。つい先日、私の主人が、カラスの勘三郎と、葛藤した梨を、ほんの少し送りました。そうしたら、住友由加里さんが、梨の歴史に着いて調べてお便りが、届きました。梨は、弥生時代から、食べ始めたそうです。江戸時代には、栽培技術が達し100を超す品種が栽培され、松平定信が記した日記には、「千葉県船橋の辺り」に、かけて江戸近郊で、江戸時代後期には、梨の栽培が盛んになり、20世紀、長十郎、幸水、新水、豊水と、順に変わって来たそうです。
9月8日 撮影 東條初恵

 <  前の記事 「ダービーハット」の昼食 3   ランチメニュー、、  |  トップページ  |  次の記事 歌舞伎、「中村歌昇」さんの襲名披露、、1  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.siranepake.co.jp/MT/mt-tb.cgi/4130

コメント (8)

seiko:

すてきな便りですね。このように描かれると長い便りもいいけど短い中に思いが詰まっていてしみじみします。9月8日seiko

Anonymous:

yoko
上品な雰囲気が感じられます。贈り主の人柄が偲ばれます。

内藤初三:

梨の歴史勉強になりました。来年はご主人さまに栽培の方法を改めて教えて頂きたいとおもいます。宜しくお願いいたします。 8日 内藤初三。

よっしー:

「枝伸びやかでなければ、花も実も少しですよ」とはとてもいい、生きる教訓のように聞こえます。ありがとうございます。

Anonymous:

seikoさま
梨の絵も上手ですし、字も上手ですよね。ご立派。9日 東條初恵

Anonymous:

YOKOさま
子供4人のママて゛、とっても優しい気持ちの、若いお母さんです。9日 東條初恵

Anonymous:

内藤初三さま
梨の勉強になって良かったですよね。私も、同じです。9日 東條初恵

Anonymous:

よっしーさま
この言葉は、とっても良い言葉ですね。よっしーは、この部分に感じる事がスゴイよ。9日 東條初恵

コメントを投稿