Top >  会長ブログ >  第2回、「小野次郎さんを囲んで」2、~県民の声を国会へ~

第2回、「小野次郎さんを囲んで」2、~県民の声を国会へ~

IMG_4352.JPG10日、夜7時より、甲斐市の田辺眼科に於いて、第2回、「小野次郎さんを囲んで」~県民の声を国会へ~を開催しました。開場には、座りきれない位の大勢の人達に参加していただきました。写真、立ってお話をしている人は、南アルプス市の、三木仁さんです。福島県人会の事務局長の鈴木保彦さんに、俺たちは、どんなことを協力すればいいのか、教えてください、国民がおとなしすぎる、国民が勇気をもって、国会へデモ隊として、旗を立てていく時は、必ず声を掛けてください、どんなことでも協力します、と、力強い、発言をいただきました。
9月11日 撮影 東條初恵

 <  前の記事 第2回、小野次郎さんを囲んで、1、~県民の声を国会へ~  |  トップページ  |  次の記事 第2回、「小野次郎さんを囲んで」3 ~県民の声を国会へ~  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.siranepake.co.jp/MT/mt-tb.cgi/4144

コメント (6)

giken:

私を始め国民の原子力の脅威にたいする無知と傲慢が今回の大災害を引き起こしたのです、言っては悪いが原発周辺の人達は国や電力会社から相当な保障や権利を獲得していました。事故が起きて初めて事の重大さに気付いたのですが、なぜ初期に原発に反対しなかったのか悔やまれます、国は原発の安全性ばかり強調してきましたが、今回はその責任をとって原発の被害者に電力会社ともども、出来る限りの保障をすべきです。

よっしー:

20年前から浜岡原発をはじめ、地震大国の日本における原発の反対運動をまじかで見聞きしていました。福島のことは、本当に明日の自分達のことです。東海地震が30年以内と目前に迫っている中、浜岡原発を近くに抱える東京、山梨、静岡、神奈川は福島を超える未曾有の大事故になることは確実です。地盤は砂地に設置されていて、建物はひびだらけ。「原発震災を抑える署名活動」というブログには、哲学者 梅原猛氏や著名人多数が署名活動を呼び掛けています。是非、浜岡原発反対とインターネットで調べてください。
そして声に出して、反対していきましょう。

私たちにできることは、福島の方々の支援はもとより、日本の原発について、真剣に反対運動を展開していくことだと思います。

seiko:

よっしー様
私たちは昨日初めって知ったことひとつで、浜岡原発停止になったのは小野次郎さんが菅総理に訴え停止になったと言うことです。もし、東海地震が起き浜岡原発が福島と同じ状態になった場合、静岡はもとより、山梨も富士川を登り全滅になるのではないかと言う予測の元に菅総理に働きかけをおこなったようです。菅総理は僕がやったと言っていますが、確かに最終的には菅総理の承諾が必要なのかもしれませんが、それでいったら、すべてそうであり、すべてに菅総理は関わっているのでやはりもっと前に責任を取らなければならなかったのだと思います。9月11日seiko

Anonymous:

gikenさま
地域の、県や、市長村が、甘い言葉にだまされたのでしょうね。こんな事になるとは、思ってもいなかったでしょう。11日 東條初恵

Anonymous:

よっしー様
よっしーは、いい事をいうね。まったくその通りです。これから来る大きな地震で、浜岡原発が爆発したら、福島県の人達と同じ立場になります。静岡から富士川を上って、アット言う間に、山梨県に入って来てしまいます。その時どうするかでなく、今、みんなが立ちあがって勉強するべきです。11日 東條初恵

Anonymous:

seikoさま
昨日の、小野次郎さんの発言によると、誠子さんの云う通り、小野次郎さんが、最初の発言者だったそうですよ。小野次郎さんは、さすがだね、11日 東條初恵

コメントを投稿