Top >  会長ブログ >  6月の大祓い、「お供え物」、4   ~ 豊諏訪神社~

6月の大祓い、「お供え物」、4   ~ 豊諏訪神社~

IMG_2565-1.JPG6月30日、午後6時30分より、南アルプス市、豊諏訪神社の6月大祓いの様子です。写真は神前へのお供え物です。半端ではないくらいの新鮮な、お魚、若布、果物、たまご、野菜等がお供えされていました。大祓いは、6月と12月に、除災行事として行われます。6月の大祓いは、夏越の祓い「なごしのはらえ」とも言われています。参加者は70人程でしたが、一人一人が、神前で榊を奉納し、祝詞を丁寧に上げていただきました。
7月1日 撮影 東條初恵

 <  前の記事 6月の大祓い、、、3  ~ 南アルプス市、豊諏訪神社~  |  トップページ  |  次の記事 6月の大祓い、5 ~ 豊諏訪神社の宮司、神職、参列者~  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.siranepake.co.jp/MT/mt-tb.cgi/3807

コメント (2)

よっしー:

たまごのお供えですか?はじめてみました。除災行事とのこと。先日も長野で地震。正直災害は避けられないとは思いますが、日頃のこのような行事は、人間の驕りや高ぶりを沈め、災難に遭遇したときの生きる知恵なども授けて下さるような気がします。

seiko:

こんなに沢山のお供え物を、御神前まで若い神職の3人の方が、台からおろし次の方にわたし、次の方が御神前にあげる方にわたし、最後の方が御神前にあげる。御盆の数だけ繰り返し行いました。目より上に掲げ、静かに運びました。私たちも静かに見上げていました。7月2日seiko

コメントを投稿