Top >  会長ブログ >  「雇用均等行政推進会議」、、、1  ~山梨労働局~

「雇用均等行政推進会議」、、、1  ~山梨労働局~

IMG_3284-1.JPG28日、午後1時30分より、甲府ニュー芙蓉に於いて、平成23年度、雇用均等行政推進会議が開催されました。最初に、山梨労動局長の、山口晃氏が、推進委員の皆さまに、雇用均等情勢に力を入れていただいている、お礼と、年々人口が減少している中で、出産後女性が再雇用の難しさと、男性が、育児休暇を取る、労働供給力について、地域の声を聴かせてほしいと、お話している写真です。
7月28日 撮影 東條初恵

 <  前の記事 今年、初めての「松茸」です。  |  トップページ  |  次の記事 「雇用均等行政推進会議」、、2、  ~山梨労働局~  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.siranepake.co.jp/MT/mt-tb.cgi/3937

コメント (7)

よっしー:

労働供給力というのは、はじめて耳にしました。働く場の提供力でしょうか?

Anonymous:

yoko
男性の育休は法制化されましたが、現場では浸透が遅々として進まず課題が多いようです。
しかし10年後には相当進むと考えられますの準備段階としては経営に織り込んでゆくことが必要かと思います。

Anonymous:

よっしーさま
私も初めて、聞きましたよ。それに等しい答えでしょうね。県下の一流企業の集まりです。私は、女性企業家とした、代表で出席させていただきました。YBS.山梨中央銀行、はくばく、東京エレクトロン、山梨厚生病院、ニスカ、山梨県民信組、富士吉田商工会議所等でした。29日 東條初恵

Anonymous:

yokoさま
YOKOさま、先の見通しの良い、コメントですね。今まで、私たちが子供を育てるころには、女性であることで、性差があり、男尊女卑で、いじめられてきました。今となっては、育児休暇を男性も取れるなんて、考えもつかない、言葉です。子供を生めば生むたびに、降職され気が遠くなってしまいそうでした。29日 東條初恵

seiko:

震災依頼、政府の政策や行動が気になり報道を注意深く見るようになりました。結果、国のすべての政策や、機関に対して、不信感が強くなり、山梨労働局という機関に対してもまず、ほんとに、わかるのだろうか。わからないから政策に時間がかかるのではないだろうかと、大変失礼なことと存じますが、素直になれない自分に落ち込みたくなります。7月29日(金)seiko

Anonymous:

seikoさま
山梨労働局は、昔の労働基準局です。官庁は、国で言うと厚生労働省に入ります。働く人達の、労働条件や、基準を上げていくための組織ですよ。30日 東條初恵

seiko:

東條様 同級生が厚生労働省に勤めています。会社をはじめる時にわからないことがあり相談したところ、一週間以内に資料などすべて送ってくれました。その時対応の早さに驚き、優秀な人が知人であることを誇りに思いました。霞ヶ関の勤務でした。その時の感謝を忘れていました。信頼関係があって物事は良い方向に進むのでしょうに、何をマイナスな考えに囚われていたのでしょうか。おしかり、ありがとうございました。7月30日(土)seiko

コメントを投稿