Top >  会長ブログ >  大本山、増上寺の夕暮れ<<< 1 ~浄土宗~

大本山、増上寺の夕暮れ<<< 1 ~浄土宗~

IMG_1184.JPG9日、夕方6時30分、東京港区芝公園の近くにある、浄土宗、大本山、増上寺です、あたりが暗くなり始めるころ、すぐ近くにそびえる東京タワーが見えました。東京局間連の会議を終えて、芝公園の近くを散歩しながら、「増上寺」の、境内を歩いて来ました。安土桃山時代、徳川家康公が、関東の地を納める様になって、まもなく徳川将軍家の菩提寺になったと記されていました。
5月10日 撮影 東條初恵

 <  前の記事 広報委員会、終了後、、、3 ~女性部会の打ち合わせ~  |  トップページ  |  次の記事 浄土宗、大本山、「増上寺」<<< 2 ~大きな鐘つき~  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.siranepake.co.jp/MT/mt-tb.cgi/3556

コメント (3)

Anonymous:

yoko
家康らしい横にがっちりした門構えに見えます。

Anonymous:

YOKOさま
今日、山梨医科大学病院にいって来ました、担当の先生の名前を見て、驚いてしまいました、名前が、大塚「秀康」先生です、豊臣秀吉と、徳川家康の名前が、一字づつ、入っているんですね、と、私が訪ねました。そうしたら、先生が、名前をつけた由来を教えてくれました。きっと偉大な人になるでしょうね。お父さんが名つ゛けたそうです。戦国時代、安土桃山時代の武将、江戸時代の大名、「福井藩の初代藩主に」結城秀康と言う、立派な人が、いたそうです。その人と同じ名前を取って、お父さんがつけてくれたそうです。きっと立派な立派なお父さんでしょうね。11日 東條初恵

Anonymous:

yoko
大塚「秀康」先生はもっと名医になるかも知れませんね。
フィギヤースケートの織田信成選手は織田家の17代末裔といわれていますが、確たる証明は定かでないそうです。

コメントを投稿