Top >  会長ブログ >  もくれんの涙、、、4 ~全ての母と子に捧げる~

もくれんの涙、、、4 ~全ての母と子に捧げる~

IMG_0108-3.JPGまさかと思いながら、目連は「餓鬼の世界へ」降りてみました。ここより下は、もう地獄しか残っていません。、、うす暗く「陰気な世界」。目連はここに来るたびに、恐ろしい気持ちになります。「餓鬼の世界とは」餓え、渇きが止まることなく、「絶えず苦しみ続ける世界」。周りを見渡すと餓えた亡者(餓鬼)が、泥水をすすり、残飯をあさろうとしています。しかし、一滴の水、ひとかけらの食べ物でも、口に入れようとすると、たちまちそれは炎となり、亡者の体を襲います。亡者たちは、苦しみの表情をうかべながらも、なおも口に入る物を求め、這いずり回っています>>>>>。つづく
10月4日 撮影 東條初恵 (足立洋史作)

 <  前の記事 もくれんの涙、、、3 ~全ての母と子に捧げる~  |  トップページ  |  次の記事 もくれんの涙、、、5 ~全ての母と子に捧げる~  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.siranepake.co.jp/MT/mt-tb.cgi/2531

コメント (2)

Anonymous:

yoko
餓え、渇きが止まることなく絶えず苦しみ続ける世界は広島の原爆の惨状を想像させます。恐ろしいことです。

Anonymous:

yokoさま
飢えや、喉の渇きは耐えられないです。悲痛です。6日 東條初恵

コメントを投稿