Top >  会長ブログ >  真間山、、、7   ~月見の宴、~

真間山、、、7   ~月見の宴、~

IMG_0615-1.JPG府22日、千葉県市川市の真間山で行われた、~月見の宴~の、サイドに飾られた、秋らしい十五夜らしい、ススキやお花の飾り付けです。~さわやかなる影にてしるし 秋の月 十夜にあまれる 五日なりけり~(西行) 片岡会長の「月見の宴のお誘い」のお便りに記されておりました。~「上代より殿人は満ち欠ける月の姿に 心を寄せ その美しさを 風雅の至高と添えてまいりました。欠けゆく月に人の世の、はかなさを映し満ちゆく姿に復活と不死を祈り人は、悠久の中に想いを重ねてまいりました」~この文章は、片岡会長のご案内の文章です。とっても勉強になりました。
9月24日 撮影 東條初恵

 <  前の記事 真間山、、、6   ~月見の宴、竜馬四重です。~  |  トップページ  |  次の記事 真間山、、、8   ~月見の宴、 お弁当~  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.siranepake.co.jp/MT/mt-tb.cgi/2473

コメント (2)

Anonymous:

yoko
古代以来、人は人の世のはかなさと栄華の極みを月の満ち欠けに見て来たのでしょか、やはりそうかも知れません。

Anonymous:

YOKOさま
時計などが、ない時代は、季節の移り変わりで、いろいろの判断をしたんでしょうね。25日 東條初恵

コメントを投稿