Top >  会長ブログ >  ゴッポの自画像、、、2 「オルセー美術館展」

ゴッポの自画像、、、2 「オルセー美術館展」

CIMG8771-1.JPG5日、午後、東京六本木国立新美術館で開催している、オルセー美術館展2010を観てきました、印象派の影響を乗り越えた、「ゴッホの自画像」です。色彩と、筆のタッチに鋭さを感じました。スゴイ。1887年、油彩。
6月6日 撮影 東條初恵

 <  前の記事 ゴッホの「星降る夜」、、1、「オルセー美術館展」  |  トップページ  |  次の記事 ポール・セザンヌ、「台所のテーブル」、3 オルセー美術館  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.siranepake.co.jp/MT/mt-tb.cgi/1996

コメント (6)

Anonymous:

yoko
有名な自画像ですが、色彩と、筆のタッチに鋭さがあると云われますと、なるほど色彩の使い方に特異さを感じます。

giken:

東京では世界の最高峰の絵画が観賞できますね、私も絵を観るのは大好きです、心の糧になります。

TF:

ゴッホ。顔にひまわりの黄色が配色されていますね。

Anonymous:

yokoさま
特異のタッチですね。8日 東條初恵

Anonymous:

gikenさま
ご自分が絵を描かれる人だから、普通の人と違った感じ方をするんでしょうね。8日 東條初恵

Anonymous:

TFさま
顔にひまわりの配色とは、ずいぶん見方が、鋭いですね。8日 東條初恵

コメントを投稿